振袖をキレイに着付けるコツ

下前と上前それぞれをきちんと処理して着付けるようにすると、振袖のおはしょりはキレイに決まります。
振袖に腰紐を結んだら、身八つ口から両手を入れ、後ろ身頃の中央から脇へ手刀を通し、前身頃も同様に中央から脇に手刀を通します。
胸紐を締めたら、襟先と縫いがずれないように気をつけながら、おはしょりのだぶつきを左脇から上前のおはしょりに向かって送り込みます。
左脇の身八つ口から左手を入れて、下前のおはしょりをバスト下まで内側に折り上げて、右手を使い、下前のおはしょりを三角形に整えます。
上前の襟先に、おはしょりのだぶつきを入れ込んで、前身頃と後ろ身頃のおはしょりのラインを整え、おはしょりの衽線と前身頃の衽線を合わせます。
おはしょりの長さを決めたら、だぶつきを左脇から背中を通り、右脇、上前の襟先の中に送り込むと、おはしょりがスッキリします。
また、胸紐を締めるときには、胸紐から上の背縫いが曲がらないように気をつけます。

より美しく振袖を着付けるために

振袖を着付けるときには、上前の前に、下前がシワなくきれいに合わさっていることが大切です。
下前をきれいに合わせるには、上前幅を決めてから下前を合わせるとき、裾を一気に斜めに持ち上げないことがポイントです。
裾を床に沿わせるようにして、襟先が腰骨に来てから腰をなでるように引き上げます。
長襦袢を足で挟み、歩幅分の緩みを確保します。
上前の幅を決めてから、上前を戻して下前を合わせますが、上前の幅は、衽線が右足小指にくる位置で合わせるようにします。
裾すぼまりを意識しすぎて、裾を一気に斜めに引き上げると、裾丈が上がってかえって裾がしまらないので注意が必要です。
また、脇のシワは動けば必ず出るので気にしないようにします。
むしろ、脇の下は緩みを持たせることで、動きやすくなります。
ただし、背中のシワは老けて見えるので、長襦袢も振袖も背中のシワは徹底的に脇に寄せるようにして、前身頃の場合、バストトップの間にシワがなければ大丈夫です。